症状ブログ

2017.01.22更新

本日は腰部脊柱管狭窄症についてです。

腰部脊柱管狭窄症は中高年から高齢者にかけて最も多い腰痛の原因です。加齢により背骨を走る神経の通り道である脊柱管が狭窄(狭くなる)を起こし腰痛、下肢の痺れを引き起こします。原因ははっきりとわかっておりませんが、腰部の変形などが起こった後に脊柱管狭窄症を発症する事例が多いです。

当院に来院される患者様に「私脊柱管狭窄症ですか?」とご質問される機会が多いです。脊柱管狭窄症は比較的診断が簡単です。特徴的な症状で間欠性跛行と言われるものがあります。これは、歩行中に徐々に足に痺れを感じていき痛みを感じて歩けなくなる⇒前かがみの姿勢(座り姿勢)で少し休むと足の痺れは消えていきまた歩けるようになる⇒治ったと思ってまた歩行し始めるとまた足が痺れてくるという症状です。これは、狭窄を起こしている脊柱管が前傾姿勢(座った姿勢)をとることによって一時的に神経の通りである脊柱管がが拡がる為起こる現象です。その他両足に痺れが出るなどの特徴があります。他の腰痛では両側性の痺れはほとんどの場合ありません。

脊柱管狭窄症は、非常に治りずらい腰痛です。1回の治療でどうこうなるものではありません。世田谷総合鍼灸整骨院では脊柱管狭窄症に特化した体操や治療を行っていきます。

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐良質な治療を皆様に、腰痛、寝違え、肩こり、痛みの治療、膝痛、五十肩、スポーツでのケガ

夜間・土日祝診療しています。

三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。

お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています

〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

2017.01.21更新

本日は腰痛の原因となる、椎間板ヘルニアについてのお話です。

正式名は、腰部椎間板ヘルニア。腰部以外にも頸部椎間板ヘルニアがあります。それでは腰部椎間板ヘルニアの説明です。専門用語をなるべく使わずわかりやすく記載していきますね。

腰には5つの骨があります。骨と骨の間に衝撃吸収をしてくれるクッション材が入っています。そのクッション材の事を椎間板(髄核)と言います。クッション材(椎間板)はナタデココのように弾力があり水分も多く含んでいます。なので多くの場合クッション材の不具合は起きません。しかし、激しい運動をする方や仕事柄ハードに動く方などのクッション材(椎間板)は、他の人と比べると負担が多くかかってきます。負担がかかる状態が続くと腰の骨の間にあるクッション材(椎間板)がつぶれ、後方に飛び出してきます。飛び出したクッション材(椎間板)は、腰骨の後方にある下半身をつかさどっている神経に触れてしまいます。そうすると、腰の痛み、足の痺れを引き起こします。

どうでしょう?わかりやすいですか?

腰の関節クッション材(椎間板)に負担がかかる⇒クッション材(椎間板)が割れ、後方に突出する⇒腰から下半身を支配する神経に触れ痛みが出る。

こんな感じです。

腰部椎間板ヘルニアは、神経症状が出る為、治療の際はマッサージなどよりも鍼通電による神経パルス療法が効果的です。

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐良質な治療を皆様に、腰痛、寝違え、肩こり、痛みの治療、膝痛、五十肩、スポーツでのケガ

夜間・土日祝診療しています。

三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。

お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています

〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

2017.01.20更新

国民病ともいわれる腰痛。

腰痛には何種類か選別ができます。

自分の腰痛がどの種類なのか、ご自身で鑑別出来る為に、本日から腰痛シリーズとしてブログを記載していきます。今日は腰痛の中でも圧倒的に多い筋筋膜性腰痛についてです。整形外科でレントゲン、MRI等の画像診断をした際に何も問題ない場合、あなたは筋筋膜性腰痛症かもしれません。筋筋膜性腰痛は、何らかの原因で腰回りの筋肉が硬くなった状態が慢性化し腰痛となるものをいいます。日頃の姿勢、デスクワーク、長時間の運転などどちらかというと体を動かす機会のない方が発症しやすい腰痛になります。

筋筋膜性腰痛の場合は、関節に異常があるわけではない為、腰回りの筋肉を的確にほぐし、ストレッチ指導や整体を施す事により慢性化した腰痛も完治が見込めます。姿勢指導も行うと予後が良好な場合が多いでしょう。

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐良質な治療を皆様に、腰痛、寝違え、肩こり、痛みの治療、膝痛、五十肩、スポーツでのケガ

 夜間・土日祝診療しています
三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。
 お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

2017.01.16更新

本日は肉離れの治療について記載します。

肉離れは、筋肉に急な衝撃や伸展の力が働いた際に筋肉が無理やり伸ばされ筋肉に傷が入ったり、筋肉が切れたりするケガです。筋肉が損傷してしまうとマッサージはほぼできませんので、痛みを和らげ、筋再生を図る特殊な電気の治療が主体になります。その後テーピングで筋肉を固定します。

ここまでは、どこの整骨院でもやっていることですが、世田谷総合整骨院ではそれプラス鍼治療を施します。筋肉は、損傷すると筋再生するときにまた筋損傷を起こさないようにと硬く再生します。硬い筋肉は直接的な衝撃には強いですが、伸びる、縮むなど関節を動かすには不利です。そこで有効なのが鍼治療!筋肉の硬結(硬くなっている部分)に直接鍼治療をし、通電することによって筋肉を強制的に動かして緩めていきます。治癒までの期間も鍼をするしないだとかなり違ってきます。

---------

世田谷総合鍼灸整骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・マッサージ・鍼灸‐
 土日祝診療しています
三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。、
 お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

2017.01.14更新

本日は寝違えの治療についてお話します。

寝違えは整骨院に来る患者様の来院動機でいうと腰痛と同率1位だと思います。とにかく診る機会が多い痛みです。朝起きた際に首に違和感を感じる。徐々に徐々に痛みを感じとうとう首を動かせなくなるor首を動かすと激痛がある。というのが主な症状です。寝違えはぎっくり腰の首バージョンだと思ってください。そうするとわかりやすいです。寝ている間というのは無意識的に寝返りを打って首周りの筋肉に負担がかからないように首を守っています。しかし、枕が合っていない、狭い場所で複数人で寝ているなど寝返りを打ちづらい環境で就寝すると朝まで同じ体制で首周りの筋肉を傷めてしまい寝違えを発生する可能性が上がります。

先ほど寝違えはぎっくり腰の首バージョンとお話ししましたが、その理由はどちらも筋肉がなんらかの影響で凝り固まって伸び縮みできない状態から急に伸ばされ損傷し炎症を起こすからです。このような場合は、筋肉を的確にほぐす、炎症を取り除く、痛みを除去する。整体、ランダム波EMS(電気治療)鍼治療、この三点セットで早期に改善を図ります。治療後に筋肉の補助をしてくれるテーピングも効果的。

ただの寝違えと思っていて放置している方などは、すぐに良くなる治療に驚くと思います。

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・マッサージ・鍼灸‐
 土日診療しています
三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。、
 お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

2017.01.13更新

寒い日が続きますね!明日から今季最大の寒波が日本列島を襲うらしいです…

冬場の急な腰痛。急に動いたら腰がグキッ!!動けないし動くと腰に激痛が。それ多分ぎっくり腰です。ぎっくり腰は、冬場に圧倒的に多く次に気圧の変化が多い台風の時期(9月10月)に多く発生します。本日はぎっくり腰の治療について記載します。

ぎっくり腰、別名急性腰痛は、腰周辺から背中の筋肉がこわばった状態であることに気づかず、腰に負担がかかるような動作をした際に一気に筋肉が硬直し動けなくなるものをいいます。多くの場合筋肉の硬直と同時に関節に炎症をきたし、激痛を伴います。立てない、寝返り打てないなどの人や動けるが立ったり座ったりが痛いなど症状は様々です。

またぎっくり腰で怖いのが再発率の多さ。統計では症状が治癒したその後1年の間にぎっくり腰を再発する確率はなんと6割。世田谷総合鍼灸整骨院では急な炎症、急な痛みを効率よく取り除くランダム波EMS治療という電気療法と疼痛改善に効果の高い鍼治療を駆使し劇的な変化をもたらします。軽度の人であれば一回の治療で日常生活に支障がないまでに回復するでしょう。

ぎっくり腰には電気治療と鍼治療が一番の最善策です。

是非一度世田谷区三軒茶屋の世田谷総合鍼灸整骨院へご相談下さい。

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐身体の痛み・骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷・交通事故‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・マッサージ・鍼灸‐
 土日診療しています
三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。、
 お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院

2017.01.04更新

明けましておめでとうございます。世田谷総合鍼灸整骨院は、2017年は、今日から診療となります。旧年中は多くの患者様にお世話になりました。患者様との触れ合いの中で自分自身も成長できました。今年も多くの悩める患者様をサポートするべく頑張ります。

本日1月4日は、9時~18時までお昼休みなしで診療しておりますので是非ご来院下さい。

---------
世田谷総合鍼灸整骨院
‐身体の痛み・肩こり・腰痛・寝違え・首の痛み・脚の痛み・腕の痛み・交通事故‐
‐骨盤・骨格の歪み・姿勢矯正・マッサージ・鍼灸‐
 土日祝診療しています
三軒茶屋の方はもちろん、世田谷区全域から多くの方に通って頂いています。
 お気軽にご相談下さい 22時まで診療しています
〒154-0023 東京都世田谷区若林1-8-8 デンス河野 地下1階
Tell/fax:03-6676-1555
世田谷総合鍼灸整骨院ホームページ☜ここをクリック!
---------

投稿者: 世田谷総合鍼灸整骨院