スポーツでのケガ

スポーツでのケガについて

スポーツにおけるケガは、スポーツ外傷とスポーツ障害の2つに大別されます。
スポーツ外傷は、スポーツ時に何らかの外圧が加わることによって起きるケガのことを、スポーツ障害は、同じ動作を繰り返して体のある部位を酷使することで慢性的な痛みが起きることを指します。

スポーツ外傷

突き指・捻挫・骨折・脱臼など

鼠径部痛症候群

股関節の付け根に激痛 日ごろのストレッチが大切

鼠径部痛症候群は、サッカーをしている人に多いケガです。鼠径部とは股関節の付け根のことで、サッカーで思い切りキックをした際などに、股関節周りの筋肉が硬直して激痛が起きます。
股関節には大きな運動をする筋肉がたくさんあるため、よくストレッチをしないで急に力を加えるとこのケガが起きやすいです。
筋肉をほぐすことで治療が可能ですが、練習前の柔軟や体幹トレーニングをしっかりと行い、予防することが大切です。

スポーツ障害

オスグッド(ひざの成長痛)

スポーツをする小・中学生に起きやすい

部活などでスポーツをしている小学校の高学年~中学生に起きやすいのが、オスグッドというひざ関節の成長痛です。バレーボール・バスケットボール・陸上など、跳んだり跳ねたりするスポーツをしている子どもに多い傾向があります。当院の院長も、野球部に所属していた中学生のころに急にひざが痛くなり、「オスグッド」と言われ部活を休んだことがあります。

筋肉を緩めるストレッチ、サポーターで痛み軽減を

成長期に身長が急激に伸びると、ひざ関節にくっついている大腿四頭筋が関節の骨を引っ張ることで痛みが起こります。ひざを曲げたり伸ばしたりすることが難しくなり、日常生活にも支障が出ます。
大腿四頭筋を緩めるストレッチを行い、専用の装具(サポーター)をつけることで痛みを軽減することが可能です。

野球肘

投手に起こりやすい 炎症を除去し、可動域を広げていく

野球肘は、小学生から高校生までの野球をしている子ども、特に投手に起こるもので、原因はひじの使い過ぎです。ひじの内側に痛みが起こることが多く、これは投球動作をした際にひじの内側が伸ばされるためです。
当院の院長も、中学生の頃に野球肘を患って野球を辞めた経験があります。
対処としては、まず3ヵ月のスローイング中止と鍼治療などで患部の炎症をとり、関節の可動域を広げる訓練を行っていきます。

野球肩

野球肘の肩バージョン 治療できる鍼灸師は限られる

野球肘の肩バージョンです。野球肩は肩甲骨が硬いと起こりやすくなります。背中で両手を合わせるくらい柔らかければ問題ないのですが、それができなかったり可動域が著しく狭かったりすると危険です。
症状が筋肉の炎症だけの場合、投球を中止して炎症をとる治療を行えば3ヵ月ほどで痛みはなくなります。しかし関節に問題がある場合は手術が必要になることもあるので注意が必要です。その場合は、治療で炎症を取り除き、筋力トレーニングと関節の可動域を広げる鍼治療を行います。この治療法はそれなりに経験がないと難しく、正しく治療できる鍼灸師は限られています。ぜひ一度当院にご相談ください。

ゴルフ肘

ゴルフのインパクトでダフったり、手首のコックを多く使ったりとスイング時に前腕の筋肉を無理に使うと肘の内側に痛みが出ることがあります。家事などの日常動作、他のスポーツでも起こりえます。まずは安静にして炎症を抑えることが重要です。その後、テーピングやストレッチなどを行っていきます。