頭痛・首の痛み

慢性頭痛は整骨院での治療が有効

医療機関に「頭痛外来」があるほど、現代の国民病となっている頭痛。頭痛には片頭痛、群発性頭痛、緊張型頭痛などさまざまな種類がありますが、整骨院では断続的に痛みが続く慢性頭痛の治療が可能です。

片頭痛

手技は逆効果に 鍼治療で神経を鎮める

片頭痛の原因はさまざまですが、主に顔面や頭部の神経である三叉神経が興奮することに起因します。こめかみや頭部の血管から痛みを感じる物質が放出されて血管が広がり、頭部の片側または両側にズキズキとした拍動性の痛みが生まれます。
片頭痛は血管拡張型の頭痛なので、整体などの手技で刺激を与えると血管がさらに広がって痛みが増す可能性があります。そこで、鍼治療により三叉神経を鎮めていきます。

緊張型頭痛

頭痛の7割 頭部周辺の筋肉が緊張することで発症

頭痛の7割が緊張型頭痛と言われています。首・肩・背中・頭の筋肉が過度に緊張することが原因です。首や肩のコリがひどくなると頭痛が起きる人がいますが、まさしくそれが緊張型頭痛なのです。
緊張型頭痛の治療は片頭痛よりもさらに鍼治療が効果的で、多くの患者さんが1度の治療で症状が和らぎます。

首の痛み

むち打ち

大きな衝撃で首が損傷 むち打ちに特化した治療を実施

むち打ちとは、体に大きな衝撃が加わることで首が損傷するケガです。交通事故時に起こることが多いですが、転倒などがきっかけになる場合もあります。
首が過度に伸びたり屈曲したりして発症するむち打ちは、首や背中、肩関節にかけて痛みを生じることが多く、寝違えや筋違えなどによく似た症状です。
レントゲンでは骨しか写らないため、症状がひどい場合は医療機関でMRI検査を受けることをお勧めします。当院ではむち打ちに特化した鍼治療や電気治療を行っています。

ストレートネック

首がまっすぐに さまざまな症状を誘発

ストレートネックとは、首の骨の配列が真っ直ぐになっている状態です。通常、首の骨はアーチ状に並んでいるのですが、姿勢が悪かったり、首を酷使したりすることで骨の並びが変わってしまいます。首や肩のコリのほか、めまいや頭痛などさまざまな症状が起きることがあります。姿勢の矯正や筋力強化などで改善を図ります。